近代美術工芸のアート飛田

近代美術工芸のアート飛田


HOME 取扱作家一覧 お店紹介 販売商品一覧 特定商取引法 お問い合わせ




21614 十三代 楽 吉左衛門[惺入] (織部酒盃(一瀬小兵衛箱)) RAKU Seinyu

型番 21614
販売価格 「ASK」お問い合わせください

SOLD OUT
高さ(4.7cm) 径(5.5cm)

【価格お問い合わせ商品】

ショッピングカートシステムの設定上「0円(税込)」の表示ですが、実際の価格はお問い合わせ時にご連絡させていただきます。
お問い合わせは、 こちらまでお願いいたします。
一瀬小兵衛は指物師で、指物とは板を指し合わせて作る家具や建具などの総称ですが、茶道においては棚物、長板、茶箱、菓子器、煙草盆、木地水指、風炉先屏風、炉縁などがそれにあたります。
釘などを一切使わずに組み上げるため一寸の狂いも許されず、技術を習得するまでには気の遠くなるような時間を必要としています。

指物師という職業が登場したのは室町時代以降で、茶道の文化が確立した事によって発展していきました。


そんな指物師である一瀬小兵衛ですが、千家十職の指物師・駒沢利斎の別家にあたり、家元に出入りしており、箱や棚の制作を行っています。

代々続く指物師の家系ですので当代で5代目となっており、これまでに受け継がれてきた100年以上も寝かし続けた木材を使用し制作にあたっています。







Your recent history

ENGLISH SHOPPINGGUIDE

鑑定・買い取り


Best sellers

店舗紹介