22661 四代 上出喜山(極彩色しだれ桜文様飾皿)KAMIDE Kizan

 

 


 

22661 四代 上出喜山(極彩色しだれ桜文様飾皿)KAMIDE Kizan
22661 四代 上出喜山(極彩色しだれ桜文様飾皿)KAMIDE Kizan
22661 四代 上出喜山(極彩色しだれ桜文様飾皿)KAMIDE Kizan
22661 四代 上出喜山(極彩色しだれ桜文様飾皿)KAMIDE Kizan
22661 四代 上出喜山(極彩色しだれ桜文様飾皿)KAMIDE Kizan
22661 四代 上出喜山(極彩色しだれ桜文様飾皿)KAMIDE Kizan
22661 四代 上出喜山(極彩色しだれ桜文様飾皿)KAMIDE Kizan
22661 四代 上出喜山(極彩色しだれ桜文様飾皿)KAMIDE Kizan
22661 四代 上出喜山(極彩色しだれ桜文様飾皿)KAMIDE Kizan
22661 四代 上出喜山(極彩色しだれ桜文様飾皿)KAMIDE Kizan
22661 四代 上出喜山(極彩色しだれ桜文様飾皿)KAMIDE Kizan
22661 四代 上出喜山(極彩色しだれ桜文様飾皿)KAMIDE Kizan
22661 四代 上出喜山(極彩色しだれ桜文様飾皿)KAMIDE Kizan
商品コード: 119015381
22661 四代 上出喜山(極彩色しだれ桜文様飾皿)KAMIDE Kizan

高さ(5.0cm) 径(38.6cm)  

 

 

四代目上出喜山は、三代喜山の次男として生まれました。父に師事して陶芸の世界に入っています。
亡くなった三代喜山から、四代喜山を襲名しました。同年の第二十回日本伝統工芸展で、金襴手線割更紗小紋大皿が入選しました。
宮内庁買上げになった他、宮内庁皇室御用窯の指定を受けています。以降、海外の賓客へ贈答する為の作品の製作を始めています。
それからほとんどの作品は宮内庁により、各国の国王や高官に贈られています。
四代目喜山は、三代喜山が作り上げた小紋様式を受け継いだけでは無く、精巧でありながらも、多彩な作品にして発展させています。
九谷焼は、分業している事が多くです。上絵だけを描く方も多いです。しかし四代目は轆轤の名手でした。
上絵物なら、どんな物でも出来る腕を持っていました。 「職人は腕、この作品を見てくれと、唯このことのみを申し上げたい」四代はこう語っています。
本物の職人だからこそ言える言葉でしょう。

当品は華やかさの中にも、落ち着きを見せる枝垂れ桜が描かれ、余白との調和がよりバランスよく見る人の心を落ち着かせてくれる逸品であります。
関連カテゴリ:
か行 (北大路魯山人、等) > 上出喜山
皿・鉢・向付
販売価格:98,000
数量
在庫
1