22960 各務賢周 (遠山唐津ぐい呑) KAGAMI Kensyu

22960 各務賢周 (遠山唐津ぐい呑) KAGAMI Kensyu
22960 各務賢周 (遠山唐津ぐい呑) KAGAMI Kensyu
22960 各務賢周 (遠山唐津ぐい呑) KAGAMI Kensyu
22960 各務賢周 (遠山唐津ぐい呑) KAGAMI Kensyu
22960 各務賢周 (遠山唐津ぐい呑) KAGAMI Kensyu
22960 各務賢周 (遠山唐津ぐい呑) KAGAMI Kensyu
22960 各務賢周 (遠山唐津ぐい呑) KAGAMI Kensyu
22960 各務賢周 (遠山唐津ぐい呑) KAGAMI Kensyu
22960 各務賢周 (遠山唐津ぐい呑) KAGAMI Kensyu
22960 各務賢周 (遠山唐津ぐい呑) KAGAMI Kensyu
22960 各務賢周 (遠山唐津ぐい呑) KAGAMI Kensyu
22960 各務賢周 (遠山唐津ぐい呑) KAGAMI Kensyu
商品コード: 119015381
22960 各務賢周 (遠山唐津ぐい呑) KAGAMI Kensyu

高さ 6.8㎝   径 6.6cm 

海も見えず、松原もなく、周辺からあがる炎もない。戦国時代には遠山の庄と呼ばれていた地で、ひとりの青年が取り組む唐津。父は言わずと知れた黄瀬戸の名手・各務周海。幼少の頃より父に連れられ、美濃・瀬戸の古窯研究に山中を歩き回っていたと聞き及んでいる。父をして「ヤツの食器は不思議と窯切れしないんや」と言わしめる独特のロクロ技術を持っている。そんな父子が恵那の山中で見つけたひとかたまりの土。即座に唐津に取り組むことを決意させたという。それから10年以上の歳月を費やして、彼が取り組む遠山唐津がようやくその真価を見せ始めた。 陶芸家の多くが表現しきれない品格のあるうつわ。 恵那で見つけた土と灰釉の組み合わせ。賢周作品は彼自身でしか作り出せない。遠山とは恵那市岩村町の旧地名です。

関連カテゴリ:
か行 (北大路魯山人、等) > その他の作家
ぐい呑
販売価格:12,000
数量
在庫
1