23178 伊藤慶 (明 水指) ITO kei


 

23178  伊藤慶 (明 水指) ITO kei
23178  伊藤慶 (明 水指) ITO kei
23178  伊藤慶 (明 水指) ITO kei
23178  伊藤慶 (明 水指) ITO kei
23178  伊藤慶 (明 水指) ITO kei
23178  伊藤慶 (明 水指) ITO kei
23178  伊藤慶 (明 水指) ITO kei
23178  伊藤慶 (明 水指) ITO kei
23178  伊藤慶 (明 水指) ITO kei
23178  伊藤慶 (明 水指) ITO kei
23178  伊藤慶 (明 水指) ITO kei
商品コード: 105885954
23178 伊藤慶 (明 水指) ITO kei

高さ 14.0㎝   径 23.4cm                    

京都に生まれ、そして陶芸家の伊東翠壺を父に持っていた陶芸家が伊東慶です。数々の賞を受賞している有名な陶芸家でもありますが、海外での人気が非常に高く、現在でも彼の作品は高く取引をされています。独特の世界観を引き継いでおり、優雅でありながら典雅。そして、美しい滑らかさを生み出す白などの使い方には非常に定評があります。  さて、そんな伊東慶なのですが、陶芸家を目指すキッカケはやはり父親の影響が強かったと言われています。目の前に、名工と呼ばれる伊東翠壺がおり、そして幼い頃より窯などを見てそだっているため、陶芸家への道を歩む事を決心することは決して不思議な事は無かった事でしょう。伊東慶は京都市立美術工芸学校へ進み、京都市立絵画専門学校に進学しています。芸術系の学校で絵画など美的センスを学んだ後は、陶芸家として作品作りに励むこととなります。結果的に、1943年に文展に出品した作品が初入選。新しい一歩を、この日に進む事となります。それ以降、数々の賞を受賞していきます。しかし、向上心の強かった伊東慶だけに、1953年には、楠部弥弌主催の京都青陶会へと入会します。結果的に、師事する形となり、研鑽を積むことになります。その甲斐あってか、1965年には日展の特選・北斗賞を受賞し、2年後には菊花賞を受賞するまでとなります。1989年には文部大臣賞を獲得するなど、その作品は多くの人々の心を掴む素晴らしいものとなっていきます。そして、陶器作品が中心であった伊藤慶の運命を多きく変化させたのが、磁器作品への転向でした。白磁、青磁のもつ滑らかで妖艶、そして典雅な世界観に伊東慶の感覚が完全にマッチしたのです。その後、素晴らしい作品を多く生み出し続けた事で、より高い評価を得ることとなるのです。京都市文化功労者表彰や、京都府文化賞功労賞など地域への貢献も高い伊東慶。彼の生み出す世界観は、まだまだ語り継がれ続けることでしょう。

関連カテゴリ:
あ行 (荒川豊蔵、等) > その他の作家
茶碗・茶器・水指
売約済