21382 一后一兆(住吉平棗(鵬雲斎))Ictigo Ittyo

高さ(5.7cm) 径(8.7cm)
*商談中
1898年~1991年 石川県生まれ。 1930年 第二回 聖徳太子展入選 1943年 第一次 美術工芸技術保存認定 1946年 第一回 日展入選 1947年 第三回 日展入選 1948年 第四回 日展入選 1950年 第六回 日展入選 1951年 第七回 日展入選 1953年 第九回 日展入選 第八回 現代美展(最高賞受賞) 第五回 日本工芸展入選 皇太子美智子妃(現皇后陛下)「水蒔絵硯箱」御買上 五十五年度輪島市勢功労者 一后一兆は、石川県に生まれ、輪島塗の名人であり最高峰の蒔絵師として評価されている。 市場に出回る作品も少なく、現在でも茶道具は高値で取引されている。 蒔絵の世界に憧れて修行を重ね、日展などに数多く入選している。 独特の色彩感覚と他の絵師には無い大胆さ、構図力を持ち日本最高峰の蒔絵師と称されている。 特に棗に秀作を多く残しており評価も高く、千家宗匠の書付認定塗師として高い評価を受けている