金重素山(商品数:10件)

金重素山
明治42年、岡山市に生まれる。(陶陽、実弟)。大正3年、兄陶陽の助手を(昭和26年)まで務める。岡山市円山に登窯を築窯。茶陶の名品を多数遺され、緋襷(ヒダスキ)の素山と高評される。昭和58年、岡山県重要無形文化財、認定。平成7年、逝去。