金重陶陽(商品数:13件)

金重陶陽
明治29年生。昭和42年没。明治43年、父楳陽について陶法を学ぶ。昭和7年、轆轤による制作を始め古備前の茶器を復興。昭和14年、川喜田半泥子を中心に「からひね会」を結成。荒川豊蔵、石黒宗麿らと日本工芸会の設立に尽力。昭和29年、岡山県無形文化財「備前焼」の保持者に認定。昭和31年、重要無形文化財(人間国宝)「備前焼」の保持者に認定。昭和35年、山陽新聞文化賞、岡山県文化賞。昭和41年、紫綬褒章。