清水卯一(商品数:26件)

清水卯一
大正15年、京焼陶磁器の卸問屋に生まれる。青年期に石黒宗麿に師事、大きな感化を受ける。京都陶磁器試験場、京都市立工業研究所窯業部助手を経て作陶生活に入る。昭和22年、宇野三吾らと四耕会を結成。昭和24年、京都陶芸クラブに参加。昭和29年に開設された日本伝統工芸展で、柿釉・鉄釉の作品で受賞を重ねる。昭和37年、プラハ国際陶芸展金賞。昭和42年、イスタンブール国際陶芸展グランプリ。昭和60年、重要無形文化財(人間国宝)「鉄釉陶器」の保持者に認定。