島岡達三(商品数:7件)

島岡達三
大正8年生。東京出身。昭和16年、東京工業大学窯業学科卒。昭和21年、浜田庄司に師事。昭和25~28年、栃木県窯業指導所に勤務。昭和28年、益子に住居と窯を築いて独立。昭和35年頃から縄文象嵌技法を始める。昭和37年、日本民芸館新作展で日本民芸館賞受賞。昭和45年、京都国立近代美術館主催「現代の陶芸-ヨーロッパと日本」展に招待出品。昭和53年、国画会工芸部会会員(平成3年退会)。昭和55年、栃木県文化功労賞受賞。昭和57年、国際交流基金の依頼によるカナダ巡回講義、5ケ所で個展開催。平成元年、栃木県立美術館「益子を築いた陶芸家たち」展に招待出品。平成6年、日本陶磁協会賞金賞受賞。平成8年、重要無形文化財(人間国宝)「民芸陶器(縄文象嵌)」保持者に認定。